クレカ現金化お助けガイド

クレカ現金化お助けガイドへアクセスありがとうございます!ご覧のサイトはクレカ現金化完全初心者のための基礎的な情報が満載♪クレカ現金化全面に関して完璧に解説していきます。 - クレカ現金化での注意点

クレカ現金化での注意点

この記事は、クレジットカードのショッピング枠を現金化の必要に迫られている方のためにニュートラルな立場で書いていますが、活用される方の状況や、活用する商品や業者によっては、様々なリスクや問題が出てくることは確かにありうることです。

ここでは、このような問題を中心に触れていきます。

クレカ現金化は、よく考えてから

クレカ現金化を、最後の手段というのは、少し大袈裟かもしれません。

ただ、クレカ現金化に踏み切る前に、節約したり、クレジットカードのショッピング枠が余っている場合は、現金よりも、ショッピング枠を多く使ったりして、キャッシュ不足を解消する手段は、いろいろとありそうです。

たしかに、クレカ現金化は、突然の出費に対応できるというメリットはありますが、換金率は、90%くらいだとしても、ほとんどの場合は、損をしているといってよいでしょう。

従いまして、クレカ現金化は、できれば、やらない方がよいと言えますので、時間的に余裕がある方の場合は、できるならば、回避できるよう最善を尽くす方が無難でしょう。

クレカ現金化の違法性や規約違反の問題

実際には、この現金化の過程で、商品は購入したが、換金の段階で、お金が振り込まれてこなかったり、換金率が著しく低かったりするようなことで、トラブルがあったようで、このようなことから、違法との見方もあるようです。

また、クレジットカード会社の方も、このような使い方は、当初の純粋なショッピング向けの活用とは、趣旨とは違うため、規約で、禁止になっているところが多いようです。

クレカ現金化は、生活設計やリスクを踏まえて総合判断で

クレカ現金化は、生活設計やリスクを踏まえて総合判断で、対応しましょう。

また、時間的に余裕がある場合は、よりリスクが少なく、問題のない方法を採択できるよう最善を尽くしましょう。