クレカ現金化お助けガイド

クレカ現金化お助けガイドへアクセスありがとうございます!ご覧のサイトはクレカ現金化完全初心者のための基礎的な情報が満載♪クレカ現金化全面に関して完璧に解説していきます。 - クレカ現金とは

クレカ現金とは

クレカ現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金化することで、同じクレジットカードでもキャッシング枠に較べると、審査が簡便で、低い水準の利用枠に限れば、利率(手数料)も低いことから、急な用立ての際に、取りうる手段の一つとして現在、脚光を浴びているようです。

ここでは、このクレカ現金化の全体像について、見ていきましょう。

クレカ現金化の本質

クレジットカードのショッピング枠は、元来、お金を借りるためのものではなく、何かを買うための目的に使うためのものです。

従いまして、クレカ現金化の本質は、クレジットカードのショッピング枠で、何か換金性の高いもの(ブランド商品や金券等)を買って、これを売って現金に換えることにほかなりません。

これは、自分で、やるのはもちろんのことですが、業者を通しても、変わることはありません。

クレカ現金化での自己処理と業者を活用する場合の違い

クレカ現金化では、業者を活用する場合は、業者自体が利益を得るために手数料をとるため、同じ物を媒介したとしても、多くの場合は、換金率が低くなると言えるでしょう。

クレカ現金化での換金率に関する考察

クレカ現金化では、換金率がとても重要な要素です。

実際に現金に近い金券等の同じ価格で簡単に売れるものや、ブランド品のような価値が評価されやすいもののほうが換金性が高いことは確かです。

業者を活用する際も、同様に考えてよさそうですが、業者の場合は、さらに手数料がかかりますので、この分も考慮に入れる必要があります。

業者を活用する方は、おそらくは、時間がないとか、煩わしい手間を省きたいという気持ちが強いと感じられて、こちらを選択される方が多いかもしれません。

このような方は、手数料の部分も含めた全体の換金率の方をチェックしていく必要があります。

クレカ現金化では、総合的に評価して判断すべき

クレカ現金化は、これに踏み切るかと、さらに自己処理で対処するか、もしくは、業者の活用のどちらを選ぶかという選択肢がありそうですが、手間やリスク、換金率等を総合的にチェックして、判断すべきでしょう。