クレカ現金化お助けガイド

クレカ現金化お助けガイドへアクセスありがとうございます!ご覧のサイトはクレカ現金化完全初心者のための基礎的な情報が満載♪クレカ現金化全面に関して完璧に解説していきます。 - クレカ現金化についてのまとめと今後の展望

クレカ現金化についてのまとめと今後の展望

クレカ現金化については、まず、全体像を把握して、これを回避することも含めて、総合的な判断により、計画的に対処していくことが、よいかもしれません。

まずは、生活設計を重視して考える

クレカ現金化では、多くの場合、換金率が低くなってしまいますので、節約に徹することにより、キャッシ
ュを蓄えたり、クレジットカードショッピング枠を活用する場合でも、換金性と生活での活用の双方に優れた商品を購入しておく等常日頃から、生活設計を考えて、ショッピングする習慣をつけたりすることも一つの考え方です。

総合的な換金性やリスクの度合いに注意する

実際にクレカ現金を進める場合は、手間をいとわず換金性を求める場合は、自己処理を選択し、個別処理が煩わしい方は、業者を活用することになるかもしれません。

しかし、いずれの場合でも、金券等換金する場合に筋がよいものとそうでないものを扱う場合は、リスクが違ってきますし、信頼できるよい業者が見つかった場合は、比較的、スムーズにことが運ぶことになりそうです。

このような筋がよい方法を自分なりに選んでいくことが大切かもしれません。

クレカ現金化を取り巻く環境は変化する

クレカ現金化を取り巻く環境は今後も変化していきます。

トラブルが多くなれば、当局やカード会社の関心も、ますます厳しくなることは必至です。

このような中でいかに問題のない方法で、対処するかが重要かもしれません。

クレカ現金化の本質を踏まえたその他の方法と今後の展望

今回、取り上げた方法以外に、電子マネーや各種ポイントの活用等実質的にクレカ現金化を検討されている方の抱えている問題を解決する方法があるかもしれません。

たとえば、クレジットカードから電子マネーにチャージできれば、この電子マネーにより、購入した商品を販売して、得られた商品については、クレジットカード会社の監視が及ばない領域となります。

また、購入した商品をクレジットカード会社の締日以降に返品すれば、現金で、キャッシュバックできそうですが、これ自体を意図的にやることは、やはり信義則に反するためにますますやりにくくなりますし、監視や取り締まりも厳しくなるでしょう。

これら方法の中では、もちろん合法的で、クレジットカード会社の信義則にも反しない方法を考えるならば、電子マネーにより購入した商品を換金する方が筋がよさそうですので、この方向で、換金に適した金券(ポイントを含む)や商品を検討されるのもよいかもしれません。

おそらく、これからもいろいろな電子マネーやポイントを流通させる仕組みや媒体が登場してきそうですが、クレジットカードのショッピング枠での購入が容易で、何らかの方法で換金が容易なものという観点でも注視していく必要がありそうですね。