クレカ現金化お助けガイド

クレカ現金化お助けガイドへアクセスありがとうございます!ご覧のサイトはクレカ現金化完全初心者のための基礎的な情報が満載♪クレカ現金化全面に関して完璧に解説していきます。 - クレカ現金化では、どのような商品を媒介すべきか

クレカ現金化では、どのような商品を媒介すべきか

クレカ現金化で、どのような商品を媒介すべきかは、とても重要なことかもしれません。

これは、個人で、自己処理する場合は、もちろんですが、業者を活用する場合でも、リスク等を考慮しますと、やはり、もっとも優先してチェックすべきことの一つです。

ここでは、このようなクレカ現金化で、活用(媒介)すべき商品の選び方について、見ていきましょう。

商品の換金性に注意する

商品の換金性とは、大雑把に言えば、換金のし易さと換金率から、チェックしていきます。

そこで、換金しやすいものにどういうものがあるのかということになりますが、たとえば、信販会社ギフト券やデパートの商品券や新幹線の回数券等がこれにあたります。

また、Amazonギフト券等もこの範疇に入ります。

ブランド商品やゲーム機等も比較的、換金率は高いようですが、金券ほどではなく、個別にみていく必要がありそうです。

ショッピング枠での購入のし易さ

これは業者を活用する場合よりも、自己処理でのクレカ現金化の方で問題になってくるのですが、実際は、換金性の高い金券やギフト券の大量の購入は、クレジットカード会社等によって、チェックされている可能性が高いといえます。

このような問題のないものを選ぶか、多種類のものを少額ずつ購入していくか等の配慮が必要になりそうです。

長期的に、クレカ現金化を考える場合は、商品自体の活用価値も考えてみる

時間的に余裕がある場合に限って、使える方法かもしれませんが、自分自身が活用できる商品、これは、宝石等の装身具でも、中古のオーディオ製品でもよいのですが、このような商品から、換金性に優れ、時間がたっても価値が変わらないもので、自分自身も最大限に有効活用できるものを選ぶことも、一つの考え方かもしれません。

こういう商品をクレジットカードのキャッシング枠で購入していき、時期が来たらならば売却していくという、計画的なショッピングを最初から考えてみるのもよさそうです。

換金性や活用価値を考えて

まずは、問題のなさそうな商品や金券等を選び出すことです。

この場合、監視の目が厳しくなってきますので、問題のない商品を選定すると同時に、可能ならば、複数の商品(換金率の高い金券やギフト券等)の候補を多数、探してみることから始めてみるのも一つの考え方かもしれません(金券の場合は、一つの金券ショップで売却できる可能もあります)。

また、時間的に、余裕がある場合は、自分自身が活用できる商品にも目を向けましょう。